宇奈月温泉を旅行プランに組み込むなら

富山県には北アルプスと呼ばれる日本の屋根ともいえる山々がそびえています。
この北アルプスは自然の恵みを富山湾にそそぐと言う大切な役割があり、北アルプスで集められた雨水は地下を伝わり、黒部川へと流れ込み、そして富山湾に注ぎ込まれるのです。

 

この黒部川と言うのは途中まではトロッコ列車を使う事で行くことが可能となりますが、このトロッコ列車の終着駅でもある欅平から上流はアルピニストのみが立ち入ることが出来る自然の宝庫になっています。

 

観光として楽しむことが出来るのですが、黒部川は紅葉もお勧めのスポットでもあり、秋期には多くの観光客が訪れ、賑わいを持ちます。

 

トロッコ列車は、宇奈月から欅平を結ぶ、黒部峡谷鉄道の路線であり、車窓からは黒部川を望むことが可能になります。
また、場所によっては黒部川の何十メートルも上を走行する事からもスリリングな旅をすることも可能になるのです。
宇奈月と言う駅は、富山地方鉄道の終着駅でもある、宇奈月温泉駅の近くにありますが、この辺りは黒部への入り口でもあり、有数の温泉が在る場所でもあるのです。

 

秋期には紅葉が素晴らしいのは勿論の事、温泉に入りながら、紅葉を楽しめると言うメリットもある観光スポットでもあるのです。