Archive for the ‘未分類’ Category

氷見昭和館で遊ぼう

冬期に、富山をおとずれたなら、氷見市に立ち寄って「氷見昭和館」で遊ぶのもおすすめです。外は寒い冬期です。

少し工夫をして、色々と楽しい旅の思い出作りを、おすすめします。

氷見市を散策した後に、館内に立ち寄って、身体をあたためながら、ノスタルジックな世界に、ひたるのはどうでしょうか。

懐かしい「ほうろう看板」・「ぶりきのおもちゃ」を見ていると心まで温かくなってくるでしょう。そして、「足つきテレビ」や「ジュークボックス」など、今とはまるで違う昭和の家電商品を目の辺りにして、懐かしがる人もいれば、まったく初めての体験で感動を覚える人もいることでしょう。昭和を知っている人も知らない人も、楽しく時間が過ごせる空間になっている場所です。

多くの昭和コレクターも、うならせるこの場所でタイムトリップしてみましょう。また、有名人の「似顔絵」が飾っているコーナーでは、素敵な似顔絵も、個々に描いてもらえるので、時間に余裕をもって、訪れることをおススメします。

似顔絵の素敵なタッチも、この心あたたまる空間に、ぴったりの素敵な画風となっています。旅の思い出・訪れた記念として、素敵な似顔絵はオリジナルあふれるお土産になることでしょう。

宇奈月温泉を旅行プランに組み込むなら

富山県には北アルプスと呼ばれる日本の屋根ともいえる山々がそびえています。
この北アルプスは自然の恵みを富山湾にそそぐと言う大切な役割があり、北アルプスで集められた雨水は地下を伝わり、黒部川へと流れ込み、そして富山湾に注ぎ込まれるのです。

 

この黒部川と言うのは途中まではトロッコ列車を使う事で行くことが可能となりますが、このトロッコ列車の終着駅でもある欅平から上流はアルピニストのみが立ち入ることが出来る自然の宝庫になっています。

 

観光として楽しむことが出来るのですが、黒部川は紅葉もお勧めのスポットでもあり、秋期には多くの観光客が訪れ、賑わいを持ちます。

 

トロッコ列車は、宇奈月から欅平を結ぶ、黒部峡谷鉄道の路線であり、車窓からは黒部川を望むことが可能になります。
また、場所によっては黒部川の何十メートルも上を走行する事からもスリリングな旅をすることも可能になるのです。
宇奈月と言う駅は、富山地方鉄道の終着駅でもある、宇奈月温泉駅の近くにありますが、この辺りは黒部への入り口でもあり、有数の温泉が在る場所でもあるのです。

 

秋期には紅葉が素晴らしいのは勿論の事、温泉に入りながら、紅葉を楽しめると言うメリットもある観光スポットでもあるのです。

立山黒部アルペンルートのオススメはここ

北アルプスには黒部ダムと呼ばれる人工のダムが有ります。
このダムを周辺とする地域は観光地になっており、それを立山黒部アルペンルートと言います。
夏期は多くの人が訪れることもあり、この地域は賑わいを見せます。

北アルプスは、厳冬期には人を寄せ付けない程の雪が積もる地域でもあり、このアルペンルートは閉鎖されることになります。

因みに、このルート内はマイカーでの乗り入れは禁止になっていますので、バスやロープウェイ、トロリーバスと言った乗り物を利用して出かける形になります。

 

また、このルートと言うのは富山市から長野県の大町市のルートであり、その距離は90キロに及びます。
夏期には多くの人が訪れ、観光を楽しみます。
信濃大町駅から扇沢までは路線バスを利用し、扇沢から黒部ダムまではトロリーバス、黒部ダムから黒部湖までは徒歩での移動になりますが、この黒部ダムでは定期的に放水を行っており、豪快な水の流れをダムの上から見ることも可能で、お勧めの一つでもあるのです。

 

黒部湖から黒部平まではケーブルカーを利用し、更にここから大観峰まではロープウェイを利用し、室堂まで行くことが可能になります。

 

室堂は標高2450メートルの場所で、ライチョウを見ることも可能になります。
尚、ライチョウは夏季は茶色い色をしていますが、冬になると保護色でもある白い色に変わる鳥なのです。
また、室堂からは阿弥陀ケ原を経由し美女平までバスを利用し、更にここから立山駅まではケーブルカーを利用する事になります。

大人から子供まで楽しめるひみ番屋街

ひみ番屋街は富山県氷見市にある温泉やグルメなど氷見の魅力がたくさん詰まった複合施設になり、家族で楽しむことができるスポットになります。

展望広場では立山連峰や唐島を一望することができます。

絶好ロケーションで、写真スポットになるのでカメラなど用意しておいた方が良いです。

足湯ができるところもあり、立山連峰を眺めながら家族水入らずで足湯ができます。タオルを持参して行ったほうが良いです。施設内には総合温浴施設があり、厳選かけ流しの天然温泉になります。サウナ・露天風呂・ジェットバスなどがあり、大人600円・小人300円・幼児100円の入浴料になります。

いろいろなイベントも開催されている温泉施設になります。たくさんの飲食店も入っていて、特選氷見牛や地魚を使った料理や氷見前浜でとれた新鮮な魚を使用したお寿司などがいただけるフードコートや、立山連峰など絶景を見ながら食事ができるレストランなどがあります。ショピングは氷見漁港でとれた新鮮なお魚や干物などを購入することができます。氷見の特産品や名産品などもおいていて、マス寿司やカニ寿司などの押し寿司の実演販売もしていてお土産に人気です。

春期にはお祭りなどのイベントがあるので、春期に行くとより一層家族で楽しむことができます。

事前調査も大事!!

旅行やお出かけの際に忘れがちになるのがコースの選定です。ついカーナビに任せて指示通りに走っていると良い事もあれば悪い事もあります。

良いところはカーナビに任せて安心して運転に専念出来る事です。

悪い事はカーナビの指示を確かめる為に脇見運転をしてしまったり、カーナビに気を取られすぎてせっかく旅行に来ているのに景色を見過ごしてしまうということです。

脇見運転は事故の大きな元になるので気をつけて運転したいところです。景色に関しては見ておかないと勿体無いという事になります。

経路を事前に調べておけばカーナビに気を取られすぎずに前を見る余裕が出来て景色も見れるようになれます。事前調査をどこまでやるかですが、慎重に行きたい人はインターネットでストリートビューを利用して実際にその場所の写真を見ます。

実際はそこまでしなくても順調に旅行は出来るので、カーナビに目的地を設定後に地図をスクロールして大体の経路を調べます。途中で有料道路に入る場合はどちらの方面に行けばいいのかまでを確かめておけば、道を間違えて無駄な料金を支払ってしまう事も避けられるのでお薦めです。

自分の性格によってどこまで調べるのかは変わってきますが、出来るだけトイレを済ませる事が出来る場所だけは把握しておくことがお薦めです。

カモンパーク新湊観光の基本

富山県といえば、氷見の寒ブリやシロエビ、ホタルイカなど様々な海の幸がグルメ通の舌をうならせてくれる海産物の宝庫です。
中でも、シロエビは富山湾の白い宝石や海の貴婦人とも呼ばれ、富山湾内でも水橋・岩瀬・新湊沖の各漁港でのみ水揚げされ、また足が速い(痛みが早い)ことから、新鮮なシロエビは富山でなくては食べられないという貴重な海産物です。
そんなシロエビの名産地でもある新湊沖は拝する射水市には道の駅カモンパーク新湊があります。
富山市内と高岡市内を結ぶ国道8号線富山高岡バイパス沿いにあるこの道の駅では、敷地内にあるお土産コーナーの物産館や、レストラン、テイクアウトコーナーなどさまざまなショップでシロエビを使った土産物を販売したり、シロエビを使ったメニューのグルメを販売しています。
特にシロエビバーガーは数年前に某民放朝の番組でも取り上げられ、全国ご当地バーガーグランプリでも例年上位の常連となっているグルメです。
サクサク揚げたての白エビのかき揚と手作りのタルタルソースでサンドされたこのバーガーを求めて、連日多くの来場者があります。

 
また敷地内のレストランでの730円という安さで提供している白エビかき揚丼は全国ご当地どんぶり選手権グランプリ受賞作で、これも人気メニューとなっています。
そしてこの道の駅ではこのシロエビを円柱型の水槽で生きたまま常設展示しています。
水族館でもなかなか見ないシロエビの展示は、道の駅に訪れる子供たちの興味の的です。

とくに飲食メニュー各種、どれも全国の道の駅の平均価格よりも安価ですから、食を求めて訪問したくなる道の駅です。

 

上平にぶらり途中下車

城端駅で途中下車して道の駅上平に立ち寄るとおいしい岩魚料理をいただくことができます。

岩魚寿司や岩魚のから揚げ・岩魚の骨酒・岩魚のカルパッチョなど普段食べることができないものがいただけます。熊肉そばなどもあり臭みが無く食べごたえのあるお肉で人気があります。豆乳ソフトクリームは、低カロリーで女性に人気がある一品になります。五箇山の名物いぶりとっぺ・赤カブのお漬け物・五箇山そば・地酒などたくさんの特産品の販売もしています。1枚160円で記念切符などが購入することができて旅の思い出になります。無料スタンプなども設置してあるので、記念に押して帰っても良い思い出になります。道の駅から車で5分のところに世界遺産登録された菅沼合掌造り集落があります。車で20分のところには、相倉合掌造り集落がありカメラなどを持参して見学に行った方が良いです。道の駅からすぐに国指定重要文化財岩瀬家があり、最大級の合掌造りになります。温泉も近くにあり、くろば温泉は日帰り入浴施設になります。露天風呂やサウナなどがあり、観光でつかれた体を癒すのに最適です。タオルなど持参された方が良いです。入浴料は大人600円・子供300円になります。

万葉の里高岡

じゃがいもを使った料理は、ポテトサラダや肉じゃがなど、家庭のおかずとしてよく食べられるものがあるほか、外食では、ハンバーガーショップのポテトフライとして、ファミリーレストランの付け合わせとしてなど、私たちの身近な野菜のひとつです。

その中でもコロッケは、家庭でも作られますし、お肉屋さんやお惣菜コーナー、専門店で買う事もできる、人気のおかずです。

じゃがいもの素材の味が一番生きる料理ですね。全国のコロッケを集めた、コロッケフェスティバルで優勝したのが、富山県の高岡コロッケです。この日本一のコロッケを味わえるのが、道の駅万葉の里高岡です。

この道の駅限定で販売されているので、ぜひ道の駅を利用した際には、日本一のコロッケを味わいましょう。もちろん、コロッケ以外にも見どころたくさんです。富山県の農産物や加工品などが集まり、県内一お土産の揃う道の駅なので、お土産探しにぴったりのスポットです。たくさんの商品からお土産を選べるので、職場用や家族用、友人用など、一つの場所で買い物が済んでしまうのも、便利です。駐車場、フードコートもありますので、観光や帰省で疲れた際の一休みとしてはもちろん、気分転換の食事やショッピングに立ち寄りたいスポットのひとつです。

氷見のお出かけ情報

氷見と言えば海産物が有名です。

 
とても新鮮な魚介類が名産品となっていて、この地域にはたくさんのお店があります。
地元で取れた魚介類を料理してくれるお店は、観光客で賑わっているところもたくさんあります。

 
また地元の方しか知らない隠れ家的なお店も多くあり、この地域の海産物の豊富さを感じます。

 
この地域にはレジャー施設も多くあるため家族連れの観光客も多くなっているので、地元の道の駅や土産店などでは地元の味を味わうこともできますし、たくさんの名産品をお土産として購入することもできるようになっています。
観光バスが多く止まるお店ではより多くの楽しみがありますが、ツアーではしっかりと堪能するためには決められた時間内では難しいことも多くあります。
そのため何度も繰り返し訪れる方も少なくはありません。
それほどこの地域は魅力的であるということなのかもしれません。

 

また近隣地域でもこの地域の名産品を見かけることもできるので、北陸の道の駅ではたくさんの海産物を買い求めることもできます。
日本一とも思える新鮮な海産物を味わいたい時には、この地域を訪れることをオススメします。

 

 
魚介類が苦手な方でも楽しめる料理もたくさんあるので、誰にでも楽しめる地域となっています。